【株式会社AirX】オープンイノベーションプログラム
「Biz Lab Accelerator 2017」企業に採択 〜 株式会社西武ホールディングスと共にヘリコプターシェアリングサービスの実証実験を開始 〜

ヘリコプターチャーター、遊覧サービスを提供する株式会社AirX (本社:東京都渋谷区、代表取締役:手塚 究、以下、エアーエックス)は、株式会社西武ホールディングスが保有する多様なアセットやリソースと、ベンチャー企業のアイディア・サービス・技術を掛け合わせ新規ビジネス創出を目指す、オープンイノベーションプログラム「Biz Lab Accelerator 2017」の採択企業として選出されました。 採択にともない、AirXが提供するヘリコプターシェアリングシステムと西武グループの都内やリゾートの施設を連携することで、空の交通ネットワークの構築の実証実験を開始いたしました。 今後、この実証実験を通じ、将来的に台頭すると考えているドローンや電気航空機などのAirMobilityによる次世代交通インフラの実現を目指します。

出典:「“空飛ぶクルマ“の実現に向けたロードマップを取りまとめました」(経済産業省) (http://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181220007/20181220007.html)をもとに作成

オープンイノベーションプログラム「Biz Lab Accelerator 2017」とは

NTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:庄司哲也、以下:NTTコミュニケーションズ)、株式会社グロービス(代表:堀義人、以下:グロービス)、およびCreww株式会社(代表取締役:伊地知天、以下:Creww)が、新規ビジネスの創造を目的に2017年7月に開始した「アクセラレータプログラム」です。新規ビジネス創造に必要な顧客基盤やサービスなどを提供するリソース提供会社として、株式会社西武ホールディングス、株式会社QUICK、NTTコミュニケーションズの3社が参画しています。

【本件に関するお問い合わせ先】

ご取材いただけるメディア関係者の方は、お電話もしくは下記メールアドレスにご一報ください。
株式会社AirX
担当:手塚、多田
電話: 050-1746-0630
Mail: info@airx.co.jp