AirX、「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM」
第2期の採択企業に決定〜 三浦半島エリアにおけるエアーモビリティを活用した観光プランを共創 〜

空の交通デジタルプラットフォームを開発する株式会社AirX(本社:東京都新宿区、代表取締役:手塚 究、以下 AirX)は、京浜急行電鉄株式会社(以下 京急電鉄)と株式会社サムライインキュベートが、ベンチャー・スタートアップ企業とのオープンイノベーションにより、新規事業の創出を目指す「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」第2期の採択企業に選ばれましたのでお知らせ致します。
京急電鉄は神奈川・三浦半島の観光活性化に取り組んでおり、AirXは当該事業のパートナーとして相互に成長可能であるとして採択されました。空のモビリティが実現することで新しい移動手段を人々に提供でき、三浦半島エリアの魅力を高めるだけでなく、既存モビリティとの接続・連携も可能となります。AirXはこの分野で先進的なビジネスモデルを展開していることが評価されました。
今回のプログラムでAirXは、三浦半島内の京急グループのホテル近くにヘリポートを臨時に開設し、ヘリ送迎、ヘリクルージングプランの体験を企画します。また告知用ウェブサイトを開設し、ユーザの申し込み率、SNSでの拡散率等を追いながら、需要を観察すると共に、現地での体験を通してフィードバックを収集します。
長期的には、今後訪れる「空の移動革命」を見据え、三浦半島と都心部の新たな移動プラットフォームの構築を目指し、次世代航空機に関する事業開発を京急電鉄と共同で行います。中期的には三浦半島内にヘリポートを設置し、ホテルやヨットマリーナなど京急グループの各施設と連携した観光プランの開発を進めます。
AirXは次世代交通イノベーションを見据え、「空を身近に活用できる世界」を構築していきます。

【本件に関するお問い合わせ先】

ご取材いただけるメディア関係者の方は、お電話もしくは下記メールアドレスにご一報ください。
株式会社AirX
担当:一本、多田
電話: 050-1746-0630
Mail: info@airx.co.jp